重曹とクエン酸で炭酸水を作成、炭酸水素ナトリウム

炭酸水を重曹とクエン酸でつくる

スポンサードリンク

健康にも美容にも良いと言われている炭酸水ですが、自宅で簡単に作れると言う事を知っていますか。
炭酸水は、クエン酸と重層で簡単に作る事が出来ます。
安価で作れるので、作ってみましょう。

 

何故、クエン酸と重層で炭酸水が作れるのかと言うと、化学反応が起こるからです。
重層はいわゆる炭酸水素ナトリウムと同じ働きをしています。
炭酸水素ナトリウムがクエン酸と結びつく事により、炭酸水となるのでしょう。

 

使う物は、水500ccに対してクエン酸4.3g、炭酸水素ナトリウム(重層)5.7gが理想的です。
これで、GV3.0の炭酸水を作る事が出来るでしょう。

 

まずは、500ccペットボトルと水を用意します。
水は水道水でも良いですがミネラルウォーターがお奨めです。
もし飲料として炭酸水を使う場合は、水道水でも一度沸騰させた水道水を使って下さい。

 

次に、粉末状態のままのクエン酸と重層をペットボトルに入れた水に居れます。
量はだいたいなので、どちらも小さじ一杯程度で良いでしょう。

 

粉末を入れたらすぐに炭酸水が作り出されます。
出来るだけ素早く蓋をしめて、良く振って混ぜるだけで炭酸水の完成となるでしょう。

 

よりよい炭酸水を作るには、事前に水を冷やすと良いと言われています。
また、炭酸水が出来たら化学反応が落ち着くまで冷蔵庫で休ませておきましょう。

 

炭酸はすぐに抜けてしまい易い物です。
炭酸を出来るだけ残す為に、ペットボトルを上下さかさまにして置くと、炭酸の抜けを防ぐ事が出来るかも知れませんね。

 

もし、飲料として炭酸水を使う場合は、レモンを絞っていれる事をお奨めします。
そのままでは味気ない炭酸水なので、美味しく飲むために工夫をしてから飲む様にしましょう。

 

スポンサードリンク