炭酸水のPH値、アルカリ性,酸性について

炭酸水のPH値について

スポンサードリンク

PH値とは、水の数値を計る値です。
PH値によってアルカリ性や中性、酸性等がわかります。
炭酸水のPH値はどのくらいなのでしょうか。

 

炭酸水のPH値は、4.6だと言われています。

 

PH値の段階は0から14まであり、少なければ少ない程酸性であり、多ければ多い程アルカリ性と言う事になります。
PH値が中間の7の場合は中性です。

 

炭酸水のPH値は4.6なので若干酸性よりの水と言う事となるでしょう。

 

人間のPH値は、健康な人であれば7.4だそうです。
これは弱アルカリ性の性質であり、人の体に一番相性が良い水は、アルカリ性の水みたいですね。
成分を吸収しやすく、健康にも良いのでしょう。

 

炭酸水は酸性よりの水分ですが、適度な刺激が健康に良いと言われています。
必ずしも人間に近いPH値が健康に良いと言う訳では有りません。

 

PH値は0に近い程酸性、14に近い程アルカリ性であり、0は塩酸、14は水酸化ナトリウムと言う事となります。

 

人の体内にある胃液は1.8から2.0、レモン水は2.0から3.0だそうです。
水道水は場所によってPH値も変わってきますが、だいたいの物は5.8から8.6の間に含まれているみたいです。

 

逆に純粋な水の場合はPH値が7.0となります。
純粋な水は完全な中性を保っているのです。

 

ここから徐々にアルカリ性に近づいていき、牛乳は6.4から7.2と人間にとても近い値となっています。
だから牛乳は健康に良く、人の体に溶け込み易いのかも知れませんね。

 

海水は8.3、重層は8.5、石鹸水は9.0から10くらいの値となります。

 

もし、人の体が酸性に近づいてしまうと体内の抵抗力が弱まってしまいます。
その為、自分のPH値を正常に保つ事も健康維持にはとても大切な事なのです。

 

スポンサードリンク