硬水と軟水の炭酸水での違いについて

硬水と軟水の炭酸水での違いについて

スポンサードリンク

水には軟水と硬水がありますが、炭酸水も水の一種なので軟水と硬水があります。
軟水と硬水は簡単に言うと、柔らかい水と硬い水です。
明確にはどの様な違いがあるのでしょうか。

 

水には硬度というものがあります。
硬度は水が取れた場所によって違い、
日本は軟水が多いみたいです。

 

逆にヨーロッパの水は硬水の方が多いでしょう。

 

 

分類は超軟水から超硬水にまでわけられていて、硬度0から50を超軟水、51から100を軟水、101から300を中軟水、301から1000を硬水、1001以上を超硬水と分類しています。

 

硬度が固ければ硬い程ミネラルの量が増えるので栄養は沢山摂取出来ますが、味がにがくなり飲みにくくなってしまうでしょう。

 

炭酸水は、炭酸を作るために使った水の硬度がそのまま炭酸水の硬度となります。
そのため柔らかい水であればあるほど柔らかい飲み心地の炭酸に、
硬水であればそれだけ硬い飲みごこちの炭酸となります。

 

炭酸水には硬水軟水のどちらが適しているかというと、好みによるでしょう。
日本人は昔から軟水に親しみがあるので軟水の方が飲みやすいかも知れませんが、
ヨーロッパ等の人にとっては硬水の方が飲みやすいでしょう。

 

実際に、日本人がよく飲むお茶は軟水が適しています。

 

たくさんの栄養を補給したい場合は、適度な硬水がおすすめです。
柔らかい飲み心地の方が良い場合は軟水の方が良いでしょう。

 

どちらにしろ、飲み心地には好みがあります。
まずは硬水と軟水を飲み比べてみると良いでしょう。

 

ただの水といっても硬水と軟水は飲み心地が全然違いますし、硬い水と柔らかい水では好みも全然違うでしょう。

 

快適に炭酸水を飲むためにも、硬水と軟水どちらが好きか飲み比べてみて下さい。

スポンサードリンク