炭酸水の簡単な作り方、疲労回復,整腸作用について

炭酸水の簡単な作り方

スポンサードリンク

疲労回復、整腸作用、そして血行促進に良いと言われている炭酸水なので積極的に摂取して見てはどうでしょうか。

 

炭酸水の作り方はいろいろとありますが、一番簡単なのがクエン酸と重曹を使って作るやり方です。

 

クエン酸と重曹はドラッグストア、100円均一等で気軽に購入する事が出来ます。

 

割合としては500ccの水、
クエン酸4,3g、重層5,7gを使うと炭酸水を作る事が出来ます。
容量は好みによって変わるので自分の好みで調整をしても良いでしょう。

 

しかし、手作りの炭酸水は余り味が美味しくありません。
市販のサイダー等は糖分などが含まれており、味が調整されているのです。

 

炭酸水を何に使うかにもよりますが、もし飲料目的で作るのであれば重曹とクエン酸だけの炭酸水は飲む事は難しいでしょう。

 

凄く不味いという訳ではありませんが、ほのかな塩分の入った水、という印象を受ける味わいでしょう。

 

炭酸水を美味しく作るためには、水を美味しくする、重層を少なくする、クエン酸を変更するという方法を取ると良いでしょう。

 

水そのものの味が不味ければ、当然炭酸水も美味しく作る事はd系ません。

 

浄水器を使う、ミネラルウォーター等を使う等して水自体の味を向上する事で、炭酸水の味を良くする事が出来ます。

 

次に、重層の割合が多ければ重曹の苦みのせいで不味く感じる事があります。
重曹よりもクエン酸の方を多少多めに入れてみると味が緩和されるかも知れません。

 

最後にクエン酸です。
クエン酸は味がいろいろとあります。

 

良いクエン酸を使えば味が向上する可能性もあります。

 

クエン酸の種類に拘って見てはどうでしょうか。

 

他にも、果汁を足す等する事で炭酸水を美味しくする事が出来ると言われています。

 

自宅で飲料用の炭酸水を作る場合は、味にこだわらないと飲む事は難しいでしょう。

スポンサードリンク