炭酸水と発泡水との違いについて

炭酸水と発泡水との違い

スポンサードリンク

日本では、最近になってようやく炭酸水を飲む習慣ができてきましたが、海外と比べると、まだまだ定着していないといえます。

 

ですから、炭酸水と発泡水は、同じものとして捉えている人が多いようです。

 

しかし、厳密に言うと、炭酸水と発泡水は全く違うものです。

 

それでは、具体的な違いについてご紹介していくことにしましょう。

 

まず炭酸水も発砲水も、二酸化炭素が含まれていることに変わりはないのですが、
炭酸水は人工的、発砲水は天然となります。

 

どちらが良いというこではなく、用途によって使い分けることとなりますが、
両方とも味はしませんし一言で言ってしまえば、シュワシュワする水ということになります。

 

ただし、発砲水の方が炭酸が微弱です。そしてミネラルなどがたっぷりと含まれています。

 

ちなみに、炭酸水を飲む習慣がある国では、レストランへ行くと炭酸水と発砲水のどちらが良いか、聞かれることがあるようです。

 

何も言わなければ発砲水が出されることになりますが、そう考えると食事の際は発砲水の方が向いているのかもしれませんね。

 

このように炭酸水と発砲水の違いについてご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

海外でミネラルウォーターというと、ただの水のことではなく、炭酸水のことを表しているというほど非常にメジャーな飲み物です。

 

活用方法を間違えると、体調不良を起こすなど逆効果となりますが、必要に応じて適切な量を摂取していきたいものです。

 

そのためにも、自分の体質に合った炭酸水や発砲水をいくつか持っておくことをおすすめします。

炭酸水が美容にOK!

炭酸水が美容に良いという話は、多くの人が耳にしているのではないでしょうか。

 

実際に試したことがある人と、全く信用していない人と、2つに大きく分かれるかもしれませんが、試してみる価値は十分あるといえます。

 

なぜなら、炭酸水の気泡には、汚れを取り除いたり、血行を促す力があるといわれているからです。

 

通常、皮膚についた汚れを落とすのであれば、洗顔をしたり、クレンジングを使用しながら落としていきますが、間違った方法で洗ってしまうと、肌に細かな傷がついてしまいます。

 

しかし、炭酸水の場合は気泡が毛穴に入り込んで、汚れをきれいに除去してくれますので、肌に負担を掛けることがありません。

 

また、汚れだけに限らず、古くなった角質も一緒に取り除くことができるといわれています。

 

ですから、肌トラブルに悩んでいるということであれば、一度炭酸水を使用して洗顔やクレンジングをしてみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに炭酸水は、保湿する際やパックをする際にも、使うことが可能です。

 

例えば、化粧水を染み込ませる前に、炭酸水を顔に塗っておくと、より浸透力がアップするといわれていますし、たっぷりと炭酸水を染み込ませたパックを顔に乗せても、効果を実感できるといえます。

 

このように、炭酸水を活用した美容方法は、ただ単純に人気があるだけではなく、効果も実証済みですので、今までのスキンケアと組み合わせて活用してみてはいかがでしょうか。

 

最近は、自宅でも炭酸水を作ることができますし、低価格な炭酸水も数多く販売されていますので、色々と比較してみると良いでしょう。

スポンサードリンク